Img_41475b6ca17eb9378f879434e48d90c3
岩手の宮沢賢治記念館での写真

昨日見た夢の話。

結婚式に参列する私。参列者の中には、ジブリの鈴木敏夫さんや、ジブリスタッフも何人かいる。
新婚旅行に出る新郎新婦の車に、小銭を投げて祝福するということになっているので、私も五百円玉を握って待機していたのだけれども、気付くと私は新郎新婦の助手席に座っており、運転席にはウエディングドレス姿の新婦。車は黒のランボルギーニ。

「あなたはその五百円で、この車を手に入れたのよ」と、新婦が言う。

私はシルバーのインプレッサを買ったばかりということになっていて「新車のインプレッサと、この中古のランボルギーニだとどっちが良いんだろう?やはりランボルギーニが良いのだろうな、かっこいいしな」と、まったく車に詳しくない私が考えていると、新婦がすごい勢いでアクセルを踏み込み、工事ただ中の道を走り出す。

絶対、そんなところ抜けられないよ、と思うような障害物の隙間を、猛スピードで走り抜ける新婦。怖い気持ちと、感嘆する思いに翻弄されていたら、OTTOに起こされた。

あの新婦は誰だったんだろう?あんな身体能力の高い人は身近にいない。
OTTOに夢の説明をすると「それはクラリスだろう」と言う。「ジブリのひとがいたんでしょう?」とのこと。なるほど。新婦は確かに明るい髪で、細身の可愛いひとだった。個展前の切迫した気持ちが、カリオストロの城のカーチェイスのイメージに重なったのだろうか。数日前、アトリエの庭で変色した古い500円玉を掘り出したのも影響しているんだろう。

アトリエで掘り出した500円でランボルギーニを手に入れて、可愛い新婦と私はどこに駆け落ちようとしていたんだろう?起こされちゃったから分からずじまいだけれど、個展には無事たどり着きたい。

……いや、「無事」よりも、アクセルを踏み込みすぎるくらいを求めているから見た夢なのかも知れないとも思う。
Img_b9df7584bd0617b10f7c01555f834945

ぐるん、ぐるん、ぐるん、と湯気。

湯気の速度を重視してみたら、私としては、荒いタッチになりました。

これで良かったのかな?と考えつつ、筆を置いて、次はシンメトリーの作品を仕上げます。

シンメトリーの方は、そおっと、両手で包むように着地の予定です。

会場で、動と静の対比が出れば良いな。
Img_468a3831589cc7ad1f15884d911ee0f1
出品作品「水焔ー透目」

新宿髙島屋美術画廊設立10周年記念として開催中の
「わたしの部屋ーMy Style,My Life vol.2-」に、新作2点を出品中です。
ご多忙のこととは存じますが、ご高覧いただければ幸いです。

私の出品作品は湯気をモチーフとした「水焔ー透目」と「水焔ー昇」です。
透目と書いて「すきま」と読みます。

【出品作家】
秋山 泉/今井 麗/小曽川 瑠那/出和 絵理/橋爪 彩/福本 双紅/留守 玲/及川 聡子

会期:2017年04月26日 ~ 2017年05月08日
   10:00ー20:00まで 土曜日は20:30まで 最終日は16:00まで

会場:新宿タカシマヤ 美術画廊
アクセス
〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 髙島屋10F
東京メトロ丸の内線・副都心線・都営新宿線新宿三丁目駅より徒歩5分、JR新宿駅南口より徒歩5分

■ギャラリートーク:4月28日(金)午後5時より
編集者・都築響一氏をお招きし、出品作家によるトークショーも開催されます。
(私は都合により、出席叶わずとても残念です。きっと興味深い時間となるのではないでしょうか)

Img_7aa4548c17c4299fe74bc9faecc97135
昨日、仙台在住の写真家・小岩勉さんに、5月の個展DM用の作品写真撮影をしていただきました。

展覧会の際、在廊していても、お客様がいらっしゃらず、ひとり、自分の作品に向かい合う時間がけっこうあります。この時間も私には大切で、制作中には気付けなかったことに気がついたり、見えてきたりします。描き上げてから、少し時間が経過することや、展覧会場という公の空間に作品が置かれることで、自分と作品に、ほどよい距離が生まれ、客観視できるからだろうと思います。

作品を撮影していただく時も、そういった時間に似ていますが、撮影者という第三者の視線を介することで緊張も加わり、刺激を得ます。作品は、見られることで作品になるのだな、とあらためて感じたりもします。

でも、今回の撮影はDM用。まだ公の空間に曝される訳ではありませんから、生まれる前の段階を撮っていただいている訳で、どうかな?もう生まれて良いかな?なんなら、もうちょっと加筆しちゃおうかな?と、くるくる考えながら撮影されている自作を眺めていました。
Img_8bc6a2931a732358a91cb3289957324d

結果、この作品は“生まれ時”と判断。
加筆はせず、これでフィニッシュと決めて、本日からは次の作品に入ります。
Img_d079270182dbfa20b781ebd197c6474a

朝、アトリエに着いたら石油ストーブをつけて、やかんをのせて、鳥の世話をして、ちょうどぬるく温まったお湯をボールにはり、硯を入れ、ほんわか温まったところで取り出し、1日分の墨を擦り、3つのお皿に極薄、やや薄、濃いめ、に墨を揃えて描き始め、1番濃い背景部分に墨を入れたらお昼を食べ、午後は淡墨でひたすらやわやわ〜っと湯気を描いて、夕方、また鳥の世話をして、おやつを食べて、湯気の〆所をやや濃い墨で描き込んでいき、夜になったらイノシシが襲ってくる前に帰宅。
それが最近の暮らし。毎日、まったく変わりません。


今日は左奥のくるくるっとなっているところを描き込んだので、明日は右側のまあるいところを描き込みます。
Img_e0c42172acf42c9a2a2acf7b03c69057
アップですと、現状はこのような出来。